Page: 2/4  << >>
        
女子会開催しました★
新体制となって初めての林業女子会を開催しました!

この春大学を卒業した学生メンバーが、京都以外へ行ってしまったり、
ちょっとさびしいな・・と思っていましたが、
新しいメンバーも順調に増えています♪

この日は12人の参加。ひさしぶりのほんやら洞です。
なんと、4人もの新メンバーが来てくれました。
ということで、自己紹介から★

,覆鵑芭啅箸剖縮を持ったの?
△覆鵑芭啅判子会に入ったの?

ということを聞いてみました〜。

代表・大学4年、山仕事サークル
  高校の教科書で、農業が載っているのに林業がないことに疑問を持ち、森林科学科へ
 雑誌をつくるのが面白そうで女子会に入りました!

林業専門学校1年生 ★新メンバー★
 大学で生物のことを研究、林業に関わりたくて林業大学校に入学しました
 林業白書で女子会を発見して来ました!

公務員林業職
 大学時代に林業サークルで、山のおっちゃんと楽しく遊んでいました
 twitterがきかっけで、女子会立ち上げメンバーに加わりました♪
 
大学2年生、山仕事サークル ★新メンバー★
 林業サークルで自分で山仕事をやるだけでなく、もっと発信をしていきたいと思って入りました!

環境教育関連センター職員
 大学のゼミで林業を勉強しました。
 とある場所での出会いから、立ち上げメンバーになりました。

野生動物管理 
 間伐イベントに参加したことがあって、京都に引っ越してきて検索したら女子会に出会いました
 4月から転職して、サルの追い払いの仕事を始めました!

大学2年、山仕事サークル ★新メンバー★
 学校の中だけでなくいろんな人と関わりたくて来ました。
 大学ではナラ枯れの防除など手伝っています。

出版社
 建築系の大学出身で、木や林業に興味がありました。
 ネタ探しに検索したら林業女子会を発見!去年秋のイベントで女子会メンバーに出会いました。

林業関係コンサル
 大学や山仕事サークルで森林について学ぶうち、
 海外の砂漠化や森林破壊より、自分の足元がヤバいことに気づきました
 バラバラにがんばっている人をつなげたくて、女子会を発足しました!
 
大学4年生 ★新メンバー★
 森林科学科で学ぶうちに、林業に興味を持ちました。
 もっと林業を知りたい!勉強したい!

元バイオマス関連
 先輩に紹介されて女子会に入ったのがきっかけで、バイオマス関係に転職しました。
 今は別の仕事をしていますが、実家にも山があり、もっと山を知りたいです!

元バイオマス関連
 大学時代からインターンで、バイオマス関連の企業に。
 いまは、デザインという切り口から林業をサポートしたくて、デザイン事務所で修行中!


こんなふうに、林業女子会メンバーは所属もバラバラ、
林業に関わったきっかけもバラバラ。
でも、誰でも気軽に入って、山や木のコトを語れる場なんです!

山が気になる、森のことを伝えたい!という想いはみんないっしょですね^^


自己紹介のあとは、
今年女子会でやってみたいことを書きだすブレストをしました。

中には、(まだ秘密ですが・・・)奇抜なアイデアも!笑

それを本当にやってしまうところが女子会のスゴさ・・
と言ってもらえるように、今年も楽しみながら、林業のオモシロサを発信していきたいと思います!


これからも林業女子会に、こうご期待★

| 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
☆清水寺 林業女子と廻ったら?☆
 京都といえば、お寺!
目をつぶって歩いてもたどり着けるほど、京都にはたくさんのお寺がありますね。

その中でも、だれもが聞いたことがあるのが「清水寺」ではないでしょうか?

今回は、林業女子会@京都の八木&山北コンビが、
林業女子目線で清水寺さんを廻ってみました〜

普段のガイド本とは、一味違ったツアーにレッツゴーわーい





さて、最初にお会いできるのが、仁王像。
こちら、ヒノキという木を組み合わせて作られています。
京都では、最大級の仁王像です。迫力があります!
思わず、前でお姿を真似して一枚パシャっ


                 

さて、それではいよいよ中に入ります

門をくぐり、少し歩くと・・・かの有名な「清水の舞台」のうえに到着します。



     
八木&山北「舞台来たー

八木「やっほー!(←思わず叫ぶ。。)」
山北「それいま違うんじゃ。。」

と、またもやガッツポーズ


                

この舞台の床に注目してください!
厚さ10センチのヒノキ…この材料を集めるのは、何年もかかったことでしょう
材木屋さんがこの舞台を守るために、ご苦労されたのが想像できます。


しかし!このブログを見てくださったみなさま
「舞台は下から見るべし」です。

               

八木「わー、柱が太い!木の組み方がすごい!
   八木的にあの木が一番太いと思う!!
   (みなさんも行ったらぜひ!探してみて下さい〜♪)」

舞台を支える柱はケヤキ。
よく見ると、六角形になっています。
清水寺の学芸員の方曰く、できるだけ太いまま木を使うため。

舞台の上に出っ張っている部分は、デザインの調和をとるため、
六角形ではなく円柱になっています。

もっとよく見ると、
柱が傷まないように、ひさしがついているんです。 
なんか、ちょっとカワイイ

            
こんなに大事にされている舞台なんですが、実は危機にあるとも言えます
なぜなら、こんなに立派なケヤキ(樹齢400年くらい)が日本にはもうほとんど残っていないからです。

今使われている材料は1633年に舞台が建てられてから約400年が経過しています。
木は切られて木材となってから、倍の時間生きるといわれているので、
あと400年は舞台を支えることでしょう。

清水寺では現在、400年後の取り換えに使う材料を育てるため、
京都府内などでケヤキの森作りをしています。

つまり、今の材料が寿命を迎えるころに、
ちょうど次の材料となるケヤキが育つ、という計画なんです。
とってもスケールのおっきい話ですね

ちなみに、舞台の上に戻ると、建物の中に古い柱があるので、
そちらもチェックしてみてください



清水寺さんが植えているのは、ケヤキだけではありません。
裏山で桜を育てているんです。
毎年一度、お坊さんたちが植林しているそう
山作りをするなんて、清水寺のお坊さんたち、実は林業男子かも…

             


職人の技と、建物を支える木々…

就学旅行では必須の音羽の滝も自主神社も素通りしてしまったツアーでしたが、
いかがでしたでしょうか??

みなさんも、京都にお越しの際には、ぜひ清水寺さんで木のストーリーを感じてくださいッ♪


最後に、快く取材に応じてくださった清水寺のみなさま、ありがとうございました




山北 &八木
| 12:22 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        
林業機械展@静岡に行ってきました!
 みなさん、こんにちは!
またもや、やぎです。

11月11日(日)に、静岡県で開催されていた
林業機械展に行ってきました〜

静岡はあったかいイメージがあったのですが、
途中から雨は降り出し、風はビュービュー!!で凍えながら(?)見てまわってきました。
(静岡の人に聞いてみると、前日まではぽかぽかで、
このあたりはもともと浜風が強いらしいです


今年もたくさんのメーカーさんがブースを出されていました


特に目新しい!!という機械は私には見つけられなかったのですが、、
再生可能エネルギーの固定価格買取制度が始まったからか、
チッパー(枝葉木を粉砕し、チップにする機械)の展示数が増えたように思います


そして、今年も
スチールのブースでティンバースポーツを見ることができました
やはり何度見てもすごいです
何それ!見たことないって方は・・・
私は寒さと雨に負け、写真を撮るのを諦めてしまったので(>_<)・・・
YouTubeで『ティンバースポーツ』で探してみて下さい
驚かれること間違いなし!!です


昼食は、これまた凍えながら(?)、
天竜ジビエ焼きそばと豚汁を頂きました
焼きそばにはイノシシの肉が入っていたみたいです。
臭みもなく、固めに焼いた牛肉!?(良く言いすぎでしょうか)のような感じでおいしく頂きました



それから最後に、なんだかほかほかした場面に出くわしたので紹介します
お父さんが小学生くらいの男の子を連れて、見に来ていたのですが、
お父さんが男の子に『ウチの山ではさっき見たやつより、こっちの機械の方が合う!』って語っていて、
男の子はそんなお父さんを尊敬のまなざしで見ていました。
せっかく山を相続しても、それがどこにあるかさえ知らない。そんなことが多くなっている時代に、
こんな光景を見ることが出来て、私は嬉しくなってしまいました
男の子、お父さんの山を継いでくれるのかなー。

それでは、また


(やぎ
| 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
研究系林業女子のヒトリゴト。。。
 こんにちは!

大学で林業について研究している、研究系林業女子のやぎです。

研究では具体的にどんなことをしているかというと、、、。

山から木を伐って、下まで出してくるとき、

人が『よいしょっ、よいしょっ』と木を引っぱってくるわけではありません。

実は、たくさんの機械が使われているんです

知ってましたか!?
というよりは、考えた事もなかった。
 という方が多いかもしれないですねー。

そんなたくさんの機械を、とある山ではどう組み合わせるのが1番良いのか。
そんなマニアックな研究をしています

研究では、作業を撮影したビデオを何時間も繰り返し見たりと、
しんどいこともたくさんあります。。。

それでも頑張ろうと思えるのは、
『現場の方の役に少しでもたてたら・・・』というそんな思いかもしれません。

今度、手にとった木の何か(家でも雑貨でも家具でも・・・)に
 この木はどうやって出てきたのかな。。。と一度少し考えてみて下さい
また違った見方ができるかもしれないですよ

それでは、そろそろ研究に戻ります

でゎでわ

(やぎ


| 15:55 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        
「モクフェス」に参加してきました!
10月8日、三連休の最終日に、長野県松本市で行われた「モクフェス」
参加してきました

実はこの前日から、浅間温泉のとある(木造)お宿に林業女子が集結して、
わいわいと盛り上がっていました

お部屋の名前、「林業様」になってる・・・(笑)

夜まで山の話、それから恋バナまで・・
やっぱり林業ガールズトーク満載でした




今回は松本市の林業会社にお勤めの林業女子さんからのお声かけで、
二日間で総勢18名の林業女子が集まりました☆

見晴らしのいいアルプス公園にて、お天気にも恵まれ、モクフェススタート!


モクフェス自体には、5,000人のお客様が来場されたようです。



木工体験や、木の楽器を使ったコンサート、ミニ上棟式などのイベントが盛りだくさん。

わたしたち林業女子は、山から伐ってきた色々な木を使って
コースターづくりを担当しました。




ノコで切って輪切りにし、やすりをかけて、ドングリのイラストを焼印で入れます☆



お子さんたちにかなり人気だったので、
待ち時間には、@京都作成の「林業女子すごろく」で遊んでもらいました!



同じブースの中では、一人一人に合わせたぴったりのアロマを調合する三重県からの林業女子♪



途中、広場では@岐阜さんによるチェンソー実演と丸太イスづくりも!



みんなで話して、遊んで、楽しい時間を過ごすことができました。
来場者の方にも、楽しんでもらえたでしょうか!?

@岐阜、静岡、東京、栃木、京都の林業女子が一同に会するのはこれが初めて!
長野の林業女子さんと、モクフェスのみなさまに感謝です。

最後は、地元の林業男子さんに教えてもらった「ハッテン締め」で!


2年前に@京都が活動を始めてから、こんなにたくさんの林業女子と集まれる日がくるなんて・・・感激です

こうやってすぐに集まって、出会って、打ち解けられちゃうのが、女子のいい所かもな〜


出会いにパワーをもらって、また自分の地域に持ち帰り、
林業女子は活動していきます♪



ありがとうございました


(いわい)

| 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
林業女子会@京都 2周年!!
本日7月24日で、
林業女子会@京都は、設立してから2周年を迎えました!
思い返すと、2年間の中で本当にいろいろなチャレンジをさせていただき、
楽しい仲間も増え、めぐまれているな〜と感じます


「林業のコト、その魅力をたくさんの人に知ってほしい!」
「女子目線で、もっと発信していこう!」


そんな想いから始まった活動でした。

フリーペーパーの発行から、イベント開催、ラジオやTVに出させていただいたり・・・
たくさんの方の目に「林業」というキーワードが触れるように。その目標は、
少し達成できたのではないかと思います。


ですが、世の中のたくさんの人の意識が、
急にガラッと変化するとは思っていません。


実は、一番変化したのは、
私たちメンバー自身だったのではないかと思います


身近なくらしの中を、もう一度見回してみる。振り返ってみる。
すると、そこに森からの恵みがたくさんあって、
生活を素敵にしてくれていることに気づきます。

そんなことを、
普段からよく意識して、発見するようになりました


それから、

「自分が面白いと思う『林業』のこと、
  人に伝えるには、どうしたらいいんだろう?」

そういったことも、意識して工夫するようになりました。


まず、自分が変化する。そして、

少しずつ変化している自分たちの姿を見て、
今度は自分の家族や近しい友人が、

「がんばってるね!
  林業っておもしろいの?話きかせて!」

と、(今まで見向きもされなかったのが・・)
興味を持って、話を聞いてくれるようになりました

そんなところから、始まっていくのだと思います。
これまでも、これからも★


そして何より、たくさんの”林業女子仲間”ができたこと


林業の話がしたくなったら、
仕事でちょっと煮詰まってしまったら、
みんなで集まって、話せる

そんな場所ができたことが、私にとっては何よりの心強いできごとです。
ちょっと大げさに言うと、「帰る場所」って感じです!


まだまだ試行錯誤の発展途上中。
ゆる〜く、明るくが、女子会のモットーです♪
(むしろ、発展なんて、しなくてもいいのかも・・・・)


これからも私たちのペースで、やらせていただきます!
どうぞよろしくお願いします。


ここから、林業女子会メンバーからのコメントを、ご紹介します。
みんな個性バラバラな仲間ではありますが、
こんな楽しい会です^^ぜひ、遊びにきてくださいね


(林業関連 会社員 いわい)

〜〜〜

林業女子会は、林業とか森のことを、熱くワイワイ語り合える貴重な場!

やっぱり、今度みんなで山に行って体を動かしたいな〜
間伐もしたい!!


(大学院生 やぎ)

〜〜〜

2年間は、あっという間。早かった。
私にとって女子会は、元気をもらえる場。
最近は行けていないけど、女子会に遊びにいくと、気持ちが和んで、なんだかすごく癒される。

細かいところは、考えが違うこともあるけど、「なぜ違うのか」もお互い理解できるし、
みんな基本は純粋で、木と山が大好きっていうことは、共通してる。
そんな、ゆる〜いつながりが好きです。

普段は、森林組合での目の前の仕事に追われてしまうけど、
女子会に来ると、みんなの「視野の広さ」がいい!
自分も、これからも広い視野でいられるようにしたいなと思います。

(森林組合 み)

〜〜〜

女子会にいくと、普通の生活で出会えない人と仲良くなれる!
まだあまり山に行けていないので、林業女子で間伐したいです!

(バイオマス関連 会社員 えりか)

〜〜〜
女子会はいつも「前向き」な林業を感じられる場所だと思います。
そして、言うだけじゃなく、実行してしまうすごいメンバーが集まっているところ。

自分たちもそうだったけど、何となく「木とか山っていいな」と思ってる女子が、
うちらの活動を通じて「自分も小さなことからアクション」できるようになったらいいな。
’いつのまにか林業女子’って感じで、意識せず、楽しく広まっていったらいいと思います

(大学生 やまきた)

〜〜〜

女子会は、林業応援団、同志みたいなもの、同じ応援団員としてがんばりたいです。

本格的な本作りにも挑戦したい!

(バイオマス関連 会社経営 なお)

〜〜〜

二年前に、みんなで「雑誌を創りたい」といっていたのが昨日のことのようです。
それを林業女子という現実にして、新規性と女子力と世の中への提案で、
今に繋げているのは本当に凄いと思います。。

林業女子とは、自分を激励してくれる源かな。
林業女子を立ち上げたみなさん、若くて優秀で素晴らしくて頑張っていると思うと
嬉しく、素敵な友人がいると思うと密かな自慢ですね。
私は中々活動に参加できていませんが、MLを笑顔で拝見しています。

自分の活動は、地味でも国産の木を使うことで山に貢献すること。
特に重要伝統的建造物群保存地区の様なところで、木造建築に耐震補強をして、
来るべき震災時に多くの命を救えたら、と願っています。

(建築士 みき)

〜〜〜

女子会に来ると、林業を愛する人がこんなにいるんだな〜と感じます。

全国にも林業女子会が広がったことですし、
みんなの溢れるアイデアを、どんどん形にしてきたいです★

(大学生 りえ)

〜〜〜

わたしにとって、林業女子会とは、林業やってる女子に出会う場所かな。

みんなで山に行きたい。間伐もいいけど・・・
山登り、キャンプもやりたいね。

(建築士 とよ)

〜〜〜

林業女子の活動は、日常の業務に刺激をくれるものです。
直接はつながらなくても、何かのヒントをもらったり、仕事から解放されて癒しをもらえる活動でもあります。

今後は自分で木のオモチャをつくるなど、子どもの遊びと林業について考えていきたいです。

(保育士 みき )

〜〜〜

今の暮らしのきっかけをくれた、大切で刺激的な場所。
女子会の活動が、今の仕事に就くきっかけとなりました。

これからも「fg」と「林業カフェ」をしっかり作り上げること。ほかにも、
たとえば北山杉で庭園遊具を開発したり(子ども向け、富裕層向け)!?
ギャル系ペレットストーブをデザインしたり、ガ―リーバスケット風の火鉢デザインなど、
女子目線での商品開発をやりたいです!

(バイオマス関連 会社員 もり)

〜〜〜

| 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
「林業女子の考える森林の可能性」シンポ行ってきました!
6月9日(土)はシンポジウム
に、林業女子会@京都も参戦してきました!

東京の表参道に、
LN21さんと各地の林業女子会など50名の林業女子、そして林業女子に理解のある男性10名が集いました!


最初は、LN21初代会長の塚本愛子さんから、
高知県初の女性林業技術職員として働いた、苦労話や、
「全国の林業女子とつながりたい!」との思いから発足したLN21の歴史についてお話。

続いて、林業女子会@京都 前代表の岩井から、林業女子会の活動を通して感じた
「女子力とは何か?」「林業とは何か?」「林業女子の目指すものは?」

そこから考える「森林・林業 創造プラン」と題して話題提供をさせていただきました。

■女子力って??■
私なりに考えた女子力とは、

〇廚のったら行動してしまう 「瞬発力」
∩宛きに楽しく考える 「発想力」
「団結」というより、ゆる〜くつながる「緩結力」

です。
女子会立ち上げの時は、仲間が集まればすぐに発足。
雑誌「fg」の内容企画では、女子ならでは(!?)の奇抜なアイデアが出ました。

塚本さんのご発表の中でも「発想力」「大胆さ」が女子の強みだというお話があり、
やっぱり!女子力ってそんなポイントなんですね★


そして林業カフェ等のイベントや、今回のような集まりをきっかけに、
垣根を越えてどんどんつながっていく力。
これが女子力です。
「おしとやか」とか「気配りができる」「やさしさ」という女子力も大事ですが・・・
私たちの活動の原動力になっているのは、こんな「元気な」力ではないかと思っています。

■林業って??■
そして、私たちの考える「林業」は、針葉樹でも広葉樹でも、森の食べ物も全部含めて、
生活の「衣食住」すべてにかかわる森の恵みのことです。
視野を広く、森の可能性を探っていきます。


■林業女子って??■
林業女子とは、山で働き森づくりをする女子のことだけではありません。
川上〜川下、プロ〜ファン、どこにいても、林業を応援する女子のことです。

〜あなたは、何タイプの林業女子ですか!?〜


■林業女子会の目指すもの■
林業女子としての森への関わり方には、プロ〜アマチュア〜ファンと、幅広くあります。

しかし、今は森や林業にまったく関心のない「無関心」の女子たちも多くいます。
そんな女子たちに、少しでも興味を持ってもらい、まずは「ファン」になってもらうこと。
そしてもっと好きになってくれたら、積極的にかかわってほしい。

そんな「入り口づくり」を目指しています。


講演のあとは、会場のみんなで、
「理想の森林・林業・農山村・都市の実現のために、できること」というテーマでディスカッション。



やっぱり、みんなが課題だと感じたのは
「林業への関心を高めること」「知ってもらうこと」「都市と山をつなぐこと」
でした。

参加者の中には、長年森林経営をされてきた林業女子がおられ、


「森づくりは、本来は女性の仕事。

  育林と育児は同じ。子供を育てる力のある女性は、森を育てることができる。」

との名言をいただきました。

いのちを「育てる」役目も持っている女子が、発信しつづけていくことで、
たくさんの人に共感してもらえるのではないかと思いました。

ついでに

「子供は反抗することがあるけど、木は手をかければ素直に育ちます(笑)」

だそうです!


夜の懇親会も含め、たくさんの林業女子がつながった、貴重な機会となりました。
これからも女子の「つながる力」を生かして、みんなでゆる〜く、発信を続けていきたいと思います。


LN21の皆様、林業女子会の皆様、参加者の皆様、
ほんとうにありがとうございました♪

林業女子ムーブメントは、まだまだ続きます〜〜。

(いわい)
| 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
女子会開催しました☆
5月8日は、夕方から林業女子がヒノコに集まり、
女子会を開催しました♪

この日は、これからの林業カフェの計画を練ったり、
ほかにもわくわくする企画を話し合っていました。

「林業カフェ」の招待状!チラッ


さて、他にどんなことを計画しているか・・・
それはお楽しみに


女子会は毎月開催しています。

またお知らせしますので、
森好き、山好きな女子のみなさん、遊びにきてくださいね
| 20:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        
「今日も林業日和ーナカシマ・アヤの現場日誌 山、仕事、愉快な仲間たち」
いま、とっても素敵な林業女子の本が発売されています

「今日も林業日和ーナカシマ・アヤの現場日誌 山、仕事、愉快な仲間たち」

 

広島県の安田林業さんにつとめる林業女子、中島彩さんの日々をまとめた一冊。
林業の現場に飛び込んでから3年間の記録です


木を育てて収穫する、その林業の現場で働く女子。
本を読んでみると、山の現場は楽しくもあり、やっぱり危険や難しいこともたくさんあるんですね・・・
そんなリアルで等身大な林業が見えてきます。

林業のこと以外にも、本の舞台、吉和の地域のすてきな人たちのこと、
中島さんの日々など、山に行ったことのない人でも親しめる内容です

現場で働く女子、都会でくらす女子、すべての林業女子を応援したいと思います
ぜひぜひ、読んでみてくださいね〜

詳しくは全林協HPへ
| 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
ひなまつり女子会
3月3日のひなまつりの日。女子会を開催しました!

初参加のメンバー4名を含む16名の女子で、
2011年度を振り返り、これからのわくわくを話し合いました

いつもの京都ペレット町家ヒノコにて。
↓ペレットキッチンが温まってます♪

昨年は、フリーペーパーfgを2号発行し、
林業カフェの企画も、7回開催することができました。

微力ながら、山と街をつなぐインタープリターになれたでしょうか!?
ちょっとでも、森や林業のコト、
「おもしろそう〜」と思ってくれる女子が増えていたら、うれしいです


またまた怒涛の一年でしたが、わたしたち自身の活動が楽しくできたことだけでなく、
全国に仲間が増えたこともうれしかったです

@静岡さん、@岐阜さん、@東京さん、@栃木さん という、心強い仲間が誕生しました
じわじわ〜と広がる、ムーブメントが始まっていますよ。

↓じゃ〜ん☆林業ガールズコレクションです

   

林業女子会のみなさん、これからも一緒に楽しんでいきましょう


また、@京都では役員を交代して、新体制で動き出します!
設立当初から代表をつとめさせていただいた岩井も、大学院を卒業にともない、交代となりました。
今までお世話になったみなさま、本当にありがとうございました。
これからも、裏方としてがんばります

今後も無理ないペースで、fgの発行、林業カフェの充実を目指していきます。
自分たちが「楽しー」と思うこと、やらせていただきま〜す

これからも林業女子会@京都を、よろしくお願いいたします。


↓町家カフェで打ち上げ♪
 

(いわい)


| 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Profile

フリーペーパー「fg」DL






林業女子の仲間たち

林業女子会ポータルサイト

contact us

fg.kyoto@gmail.com
〒604-0931
京都市中京区寺町二条下ル榎木町98-7 京都ペレット町家ヒノコ内            ――――――――――――― 申し訳ありませんが電話での対応はしておりません。 お急ぎの場合はメールの件名に「急ぎ」などのキーワードをお入れください。

旧ブログ

旧ブログはこちらからどうぞ。

facebookで「いいね!」する

Search


Entry

Category

    

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR