Page: 2/25  << >>
        
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | - |
        
林業女子、ヤママユ発表(やままゆ女子会ご報告パート3)
さて、パート1から読んでくださった皆さん
お待たせいたしました。
パート3、最終話です!

去年、今年と2年続けて知り合いの方からいただきヤママユを育てたというYちゃん
9月の定例会で、あまりにも好きで、まゆの形成を録画したり、パワーポイントを作成したという熱意を聞き、
それはぜひ聞かなくてはもったいない!とその場で苔玉作りの後に発表を聞くことが決定!

というわけで…美山で苔を採集、ヒノコさんで苔玉を作り、片付けが終わったらいよいよ…
ヤママユ発表会♩

ヤママユは、蛾の一種で、繭(まゆ)がきれいな緑色なため昔は利用されていたようです
ただ、最近ではなかなか見ることもないのだとか


最初は3mmほどだけれど、2回も脱皮をすると5cmほどに
そして、最後は7、8cmまで大きくなるのだとか…
去年はアラカシをエサとして与え、今年はコナラやアベマキなどの柔らかい葉をあげたからか、10cmくらいまで成長!

それは…大きくない?
と心の中で思いつつ、彼女がうれしそうに、楽しそうに話すのを聞きます




きれいな緑色の繭を作り、2週間後くらいに羽化します



羽化してからは、羽を乾かすのだとか
メスは黄色で、オスはメスのフェロモンを感知するために触覚が広がっています




今回学んだことは、どれほどYちゃんが昆虫好きか!ということ(笑)

また是非話を聞かせてください!



 

ちょっとヤママユのお話(発表者のYちゃん視点風に書いてみました)


ヤママユが大好きな私。
去年は19匹育てたけど、さすがに多かったので今年は6匹で我慢。

その中で1匹、脚が1本ない子がいた。
その子は他の子よりも小さかった
脚がないから動くのも遅く、食べるのも遅かった。
去年はアラカシだったけど、今年は柔らかいコナラ、アベマキ、クヌギの葉をあげたこともあって、他の5匹はどんどん大きくなっていく。

でもその子は相変わらず小さいまま
最後の脱皮が終わり、あとは繭を作るだけだ。
他の子たちはどんどん繭を作っていく。
その中で、少しくすんだ色をしたその子はなかなか繭を作らない。

このまま繭を作らないのかな
死んでしまわないかな
どんどん不安になっていく

そんなある日、ふと見たらその子が繭を作り始めていた
びっくりして眺めていると、これまでの中で一番きれいな緑色をした糸を吐き出し、繭を作った。
最後に繭を作ったからいつ羽化するかと待っていると、一番に繭を破った。
きれいな黄色をしたメスで、これまで見た中で一番美しい模様をしていた。


そして……





彼女には6本の脚が全て生えそろっていた。
 

| 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
林業女子、コケ玉をつくる(やままゆ女子会ご報告パート2)

みなさんこんにちは^^

寒さもぐっと厳しくなってきて、
もみじがキレイに紅葉してますね!^^

先日の雨で落ち葉がいっぱいですが、今度は上ではなく足元が鮮やかになるのも、秋のちょっとした楽しみになっている私です。


さて!
前回の定例会のご報告パート2です♪



美山観光を終えたあと、美山里山舎の林道をトコトコ登って



なにをするかというと…


じゃん!!!



そう、コケ採集です♪♪



コケ玉の材料となるコケと土を、自分達で調達すべく、山に入りました。


コケにも、色んな種類があるんですよ〜♪


コケ玉にするには毛の短い苔が良い…
大きいシート状に取れるものが良い…
こっちの苔の方がかわいい……

などなど試行錯誤しながら苔を収穫する私たち…(笑)

苔採集に夢中になり、
川沿いだったのが、気づけば大分上の方まで登ってきてしまいました。汗

それぞれ形も生えてる場所も違って面白い。
種類によって取りやすさも違いました。



採集を終え、いざコケ玉作り!
いつも定例会を行っている、京都ペレット町家ヒノコの2Fで取ってきたコケを広げてみると………


ででーん。


大漁大漁。


苔についての雑誌に載っている、コケ玉の作り方を参考にしながら、えっちらおっちらコケ玉を作ります。





美山里山舎の山から持ってきた土は二種類。
乾燥した赤っぽい土と、
湿気を含んでフカフカな黒い土。
これにヒノコで売っている炭粉(混ぜると土が元気になります)を混ぜて、十分水を含ませ、丸めます。

希望の大きさになったら、その周りを苔で覆い、木綿糸でぐるぐる巻きにします。




そうしてできたのが、コレ!







苔はヒノキゴケ、タマゴケ、ムチゴケの三種類。
コップに入れてみたり、北山杉の実生を挿してみたり、作り方も人それぞれ。


最終的にはみんなでこんなに作りました♪



やっぱり自分達で取ってきた苔で作ると、愛着が違いますね〜(*^^*)



ちなみに……
余った苔は、私の家のベランダで栽培します。笑
お持ち帰りの図。




偶然、現代表と副代表がコケ好きで盛り上がったため、開催されたこの企画♪
みんな楽しんでくれて何よりでした♪



(副代表 S)
| 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
林業女子、美山へ行く(やままゆ女子会ご報告パート1)
こんにちは!
10月も半ばに入りましたね〜〜
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

最近、夜に職場から帰っていると
田んぼの畦に1mくらいありそうな
イノシシがいました…びっくりです。(@京都市の京北町)

さて、先日みんなで苔玉を作ろう〜ということで
苔を採取しに美山へ行って来ました!

メンバーの中に「かやぶきの里」へ行きたいという子が
いたのでそちらも観光♪
美山を満喫して来ましたよ〜ご報告しますね〜↓

京都市にある京都府立大学を出発し1時間半のドライブコース

高雄の紅葉はまだまだ青かったです。

丁度お昼になったので、かやぶきの里がある
知井の手前にある内久保でランチ
「美山おもしろ農民倶楽部」さんへ
http://www.miyamahamu.com/omise.htm

木を基調とした建物の中はなんとも可愛らしい感じ〜

ドキドキしながら店内へ入りました。


薪ストーブもあって冬は温かそうです↑


自家製ベーコンと近くの養鶏場さんの卵を使ったサンドイッチ↑


↑鹿肉のソーセージホットドック♪
あっさりして美味しかった〜

さてさて、お腹もいっぱいになったので
「かやぶきの里」へ〜


↑手前の田んぼは稲刈りが終了していました。


↑メンバーが1年前に授業で来たことがあるとかで
オススメの神社を紹介してくれました〜


↑今も生活されている家々


↑石垣を見て「あっ!この苔かわいくない??」笑


↑茅葺き屋根にも苔が!!


↑そうこうしている間に目的の知井八幡神社に到着!
「この木この木!!見て下さいよ〜」



↑胸より上で分かれているいる木は一本の木
下で分かれている木は2本の木
さて、この木はどっち?!


↑この神社の起源はざっくり言うと八つ頭の大鹿の妖怪を退治し
神さまへ感謝の気持ちを伝えるために建てたのだとか…
ここにも獣害が…

「授業で習ったんだけど、昔の蒔絵にも鹿とかイノシシに田畑が
教われている絵があったよ!昔は、猟師さんたくさんいたけど
今はいないから問題になってるって面もある。」




京都市内の神社のような華やかな色はないけれど
よ〜く見ると凝った作り…
確かな技術の美しさですね〜

そんなこんなで一行は美山は宮島地区にある「美山里山舎」へ
http://satoyama-sha.com

伝統軸組工法の家、木質バイオマス・ピコ水力発電などの自然エネルギー
四万十式作業道作り〜林業へなど「自立した暮らし」を提案実践している
NPO法人です。

↑手前の家が美山里山舎、右に流れている水路でピコ水力発電を実践しています。


↑建物の中はこんな感じ
オーナーの家作りの特徴は柱をベンガラで真っ黒に塗る事
締まった感じでハードですね〜
普段は薪ストーブを使った料理などを提供するカフェも営業しています♪



↑天井を見上げると壁がいろんな色?!
実はこれ、様々な左官屋さんに土や塗り方を変えて塗ってもらったのです。
全て土壁。左下の黒い大きな壁は、普通は祇園の舞妓さんが通る
廊下に塗られるもの。絹の着物をまとって歩くと着物が壁にこすれますよね…
そうすることでどんどん研かれて、時間が経つにつれ趣のある壁に変化するのだとか。


↑この日は、炭窯を製作中の「木の学校」の生徒さんがいはったので
少し見学体験させてもらいました〜
屋根がついているところが炭窯、右手の道が裏山に続く林道です。

木の学校では、林業から建築まで一貫して行える人を育てています。
自分で生業を作る、そして自立した暮らしを手に入れるのです〜


↑手作りの重そうな道具でひたっすら
叩き、土を固めます。
この作業がとっても大切で、空気が入ると割れてしまう可能性もあるんだとか。

この後、苔玉を作るため、上の林道を歩き
苔をたっくさん持って帰りました〜
山から楽しそうな笑い声が聞こえてくるという不思議な瞬間がありましたよ笑

続きはSさんへバトンタッチしま〜す!

お楽しみに♪

美山里山舎スタッフM
ありがとうございました〜





 
| 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
9月の林業女子会
こんにちは〜
シルバーウィークも過ぎ、ぐっと秋らしくなってきましたね。
いかがお過ごしでしょうか??

さて、先日@京都のメンバーでヒノコに集まり
林業女子会を行いました♪

なにやら熱心に読書中?!
 

この本は、メンバーMの勤め先である
美山里山舎の大工さんから借りて来たものです。
(美山里山舎HP→http://satoyama-sha.com)


伝統軸組工法という家の建て方をする大工がお勧めする
木の組み方の本…
まるで知恵の輪のようにどうやってくっついているのか一見わからない
木の刻み方、組み方で丈夫な家が出来てしまう!
昔の日本の大工さんは、ほとんど出来た技術です。



今は寺社仏閣を中心に技術が継承されていますが、
一般のお家で使われることは、少なくなってしまいました。

今の技術もすごいけれど、
昔の知恵も負けていません〜
木の特性を十二分に利用したこの工法、知れば知る程おもしろいですよ♪

そんなお話もしつつ、
お互いの近況報告☆

元代表のUさんは、めでたく就職が決定!!
木に関わるお仕事だそう♪

なぜだか大学受験時代の話になって
校庭に生えていたお気に入りの木に応援されながら
受験を乗り越えたという子もいたり…

そうそう、10月8日に予定している
やままゆ女子会の元ネタの話…

メンバーKさんは、ドングリにはまっていたのだけれど
最近は自宅で!!お蚕さんを羽化させることがマイブームで
その一部始終を映像に撮って、パワーポイントも作っちゃって
ゼミで発表までしてしまった〜という。
すごいっす…

お蚕さんといえば、シルク★
けれど「やままゆ」は緑色をしているんだとか…
なぞに満ちた、やままゆ…
10月8日(木)のやままゆ女子会の報告をお楽しみに〜

Mori
 
| 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
【一般参加OK】 10月8日(木) 林業女子によるやままゆ女子会♡

数日前から夜がすっかり肌寒くなり、
秋の気配を感じつつあるこの頃、、、
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

さて、表題のとおり、10月8日(木)
林業女子によるやままゆ女子会
を開催します♡

やままゆとは、、、
鮮やかな緑色をしたまゆを作る、
すてきなかいこさんです!!
京都では宝が池などに生息している模様、、、

やままゆをこよなく愛する
@京都のむし担当女子(かわいいheart)が
やままゆ講義をしてくれはります^^

かわいくて魅力あふれるやままゆのことを知りたくなったアナタは、、
10月8日(木)18時京都ペレット町屋ヒノコにお越しくださいませ☆

女子会メンバーでも、そうでなくても、女子でも、もしかしたら男子でも!?
参加OKです^^
お子様に山の魅力を知ってもらいたい林業ママさんもぜひ♡

ではでは、奮ってご参加くださいませ♪

 
| 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
★林業女子会ポータルサイトができました★
全国17個になった林業女子会の、
ポータルサイトが完成しました!
 

「林業女子会ってなに?」
「わたしの地域にも林業女子会があるかな!?」
「林業女子会をつくりたいけど、どうしたらいい?」

そんな疑問におこたえします!
ぜひぜひ、ご覧下さいね♪♪



↓↓こちらをクリック!



 
| 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
林業女子的夏休みPart1〜熊野編〜

みなさま、残暑厳しい折ですが、
体調を崩されてはいませんでしょうか?

さて、今回は久々の投稿となりますが、
林業女子がどんな夏休みをおくっているのか??
というコアなファン←のご要望にお応えして、
特別に夏休みを公開しちゃいます笑

夏休み第一号は、三重県熊野市への旅行!
…ではなく、「のじもくツアー」への参加です!

のじもく、こと野地木材工業株式会社さんは、
のじもくまというキュートな妖精をイメージキャラクターとし、
おされに、時にファンキーに熊野で製材業を営んでおられます。
(ポップなHP http://www.nozimoku.co.jp/)

まず、訪れたのは道の駅きのくに。
…の隣にあるのじもくの工場!
のじ専務にご案内頂きました。
全国的にも、熊野内でも減っていっている製材所。
そんな製材所の工場を引き受けているのじもく。
そうすることで、
「お客様のご要望にNOと言わない!」
という信念を貫き通しておられます。
工場数が多いからこそ、多品種少量生産に対応できるのです。
この工場内にも、特別な塗装用の機械など、
オリジナルの生産システムがありましたheart

一方で、熊野でのじもくはどんどん大きな企業に成長しており、
熊野市を担う存在に。
のじもくが熊野を製材大国にしてくださればいいなーと思いました。

次は市場。



大きな丸太がごろんごろん


こちらでは皮剥きを行っています。
市場で皮をむくことで、運送時の重量減となるためです!

お次は製材工場。


これぞ、まさに、○が□になる瞬間です!!!
家政婦は見た目

そして、ここがだいじ〜ポイント!


柱にしても、板にしても、無節の面があると価格はupしますハート
しかーし!全て節あり面になると価格が半減することも。

すなわち、この、節なし面をどこまで切っていくか、に職人の力量が試されます!!
(ちなみに、無節面はぎりぎりまで切って板にし、残りを無節面をもつ柱にすると
板も柱も高く売れますお金

やはり経験を積んだ職人さんしか、見極めが出来ない!
と専務も仰っていました。

ここに、ロマンを感じて、思わず「かっこいい〜」とひとこと。




こういった節も、ひとつひとつ職人さんが埋めていらっしゃいました。

その後は、のじもくさんの事務所に御案内頂き、しばし歓談。
くまのの神秘のパワースポット、花の巌神社・産田神社に御参拝し、
夜はのじもくの皆さまと大人の世界へ…笑星

花の巌神社前のお綱茶屋も、のじもくさんで挽いた木が使われているようです。
必見です!!熊野美食「めはり」もご賞味いただけますよ(^q^)音符

今回お世話になったのじ専務はめっちゃ気さくな方なので、
ぜひ「のじもくツアー」参加してみてはいかがでしょうか。
(のじもくツアー ご案内は随時HPにて掲載)

さいごに、、


くまのの海は超きれいでした(^^)


 
| 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
京パレット工場見学!

こんにちは!

林業女子と飲もう!に来てくださった方から話を聞き、エースジャパンさんのところに話しを聞きに行ってきました。
木材を利用してパレット(重いものを運ぶ時に機械で持ち上げる時に利用する木などでできたあれ)を作られているエースジャパンさん

今回は、それがどのように作られているのか工場見学してきたので報告しますゆう★

まずは材料である木材を集めます。
半径50km圏内に取りに行きます。土場まで持ってきてもらい重機で乗せてもらうと速く、工場は木が集まる場所の中心に建てられました。
山でチップにすると隙間が埋まる分たくさん運べます。
スギよりヒノキを多めに集め、加工します。

工場前に積まれた木材↓



木材をチップに加工します
写真右側がチップに加工する機械↓



その後、ティーバッグのような感じでチップを入れた袋ごと乳素に浸けます。
これは、乳素により木材に含まれるホルムアルデヒドを少なくするためだそうです。
乳素↓



その後、チップを粉砕してさらに細かくし、乾燥させます↓



接着剤と硬化剤を、粉砕したチップを攪拌(かくはん )しながら混ぜます↓



プレス機で圧力をかけ、形成されたら完成!!!





強度もバッチリ!
上で飛んだり跳ねたりしても大丈夫でした◯
強度の実験中↓




プレスされたばかりのパレットに触らせてもらったり、
樹種の違うもので作られたパレットを見せて頂いたり、
どのような事業をされているかお話を聞いたり…
深い話を聞き、新たな木材の利用方法を見せていただくことができました。

ありがとうございました♪

| 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
【ご挨拶】代表を引き継ぎます。

こんにちは!4代目代表の豊濱です。にじ

さて、この度2015年4月11日をもちまして@京都の代表を引き継ぐことになりましたので
ご報告いたします。kyuハート

1年間という短い間でしたが、お付き合い下さって本当にありがとうございました!Docomo80
ほんとに頼りない私が最後までおつとめできたのは、林業女子メンバーをはじめ、いつも支えて下さっている沢山の方のお陰です。

1年前の4月に、当時代表だった内海先輩から「次の代表をやってほしい」とのお言葉をいただいたのが懐かしいです。
当時は本音を申し上げると私なんかに代表が務まるかと不安で不安で仕方ありませんでした。アセアセ

それでも、大好きな@京都の代表を任せていただけたことが嬉しく、今日まで一歩一歩進んでこられたように思います。
世代交代によりメンバーががらっと代わった昨年度は、まさに全てが「手探り」状態でした。
先輩方から引き継いできたもののうち何を残すか、そして何を新たに創っていくか…
活動そのものをじっくりメンバーで思案しながら、ゆっくりでも着実に道を切り開くことができたように感じています。

でも決してそれはメンバーだけの力で進められた訳ではありません。kamule
いつも@京都のことを応援下さっている方々や温かく見守って下さっている方がいらっしゃるからこそ
私達はいつも楽しく活動ができているのだと代表を務めて改めて実感しました。き
活動に煮詰まった時に手を差し伸べて下さったり、時には@京都をより良い方向に導いて下さったり…
お一人お一人に改めて直接お礼を申し上げたい!と思うくらい感謝の気持ちで一杯です。kyu矢印上

最後に、この一年間を通して、私は「京都」という地域がさらに大好きになりました。はーと
訪れた地域にはそれぞれに違った魅力があり、どんどんそれらに魅了されていったように思います。ちゅんDocomo_hart2
そして京都という土地で林業を考え、愛していらっしゃる沢山の方と出会えたことは私にとってかけがえのない「宝物」になりました。Docomo118

代表を引き継いでも、@京都の1メンバーとして京都を心から愛し、京都の林業にいつも想いをはせられる素敵な林業女子
になれるようさらに「林業女子力」をアップさせていきたいと思います!筋肉はーと

本当に一年間ありがとうございました。四葉のクローバー
そして成長しつづける@京都をこれからもどうか末永く見守って下さい。おかお(幸せ)まーく
どうぞよろしくお願いいたします。

 2015年4月11日    林業女子会@京都4代目代表 豊濱萌
| 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
「ミラクル・ヤマクル」@新風館(3/21、22)に参加します♪
みなさん、こんにちは〜kyuハート
最近やっとあったかくなってきたように感じております、豊濱です!おかお(幸せ)
なんだか今からお花見が楽しみですDocomo80

さてさて、直前のご連絡となってしまいましたが、今週末(3月21、22日)に京都市の新風館で開催されますイベント
「ミラクル・ヤマクル」に林業女子会@京都も参加させていただくことになりました!

にじ「ミラクル・ヤマクル」とは??にじ
「山が、まちにやってくる!?」不思議なイベントまーく
詳細はこちら↓↓をごらんくださいはーと
当日は「山を考える」沢山の団体さんが大集合矢印
林業女子メンバーも「女子目線」で山や森について想いを巡らせたいなと思っておりますDocomo_hart2

ぜひ遊びにいらして下さいDocomo_kao7ハート

(とよはま)
| 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Profile

フリーペーパー「fg」DL






林業女子の仲間たち

林業女子会ポータルサイト

contact us

fg.kyoto@gmail.com
〒604-0931
京都市中京区寺町二条下ル榎木町98-7 京都ペレット町家ヒノコ内            ――――――――――――― 申し訳ありませんが電話での対応はしておりません。 お急ぎの場合はメールの件名に「急ぎ」などのキーワードをお入れください。

旧ブログ

旧ブログはこちらからどうぞ。

facebookで「いいね!」する

Search


Entry

Category

    

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR