Entry: main  << >>
        
林業女子、ヤママユ発表(やままゆ女子会ご報告パート3)
さて、パート1から読んでくださった皆さん
お待たせいたしました。
パート3、最終話です!

去年、今年と2年続けて知り合いの方からいただきヤママユを育てたというYちゃん
9月の定例会で、あまりにも好きで、まゆの形成を録画したり、パワーポイントを作成したという熱意を聞き、
それはぜひ聞かなくてはもったいない!とその場で苔玉作りの後に発表を聞くことが決定!

というわけで…美山で苔を採集、ヒノコさんで苔玉を作り、片付けが終わったらいよいよ…
ヤママユ発表会♩

ヤママユは、蛾の一種で、繭(まゆ)がきれいな緑色なため昔は利用されていたようです
ただ、最近ではなかなか見ることもないのだとか


最初は3mmほどだけれど、2回も脱皮をすると5cmほどに
そして、最後は7、8cmまで大きくなるのだとか…
去年はアラカシをエサとして与え、今年はコナラやアベマキなどの柔らかい葉をあげたからか、10cmくらいまで成長!

それは…大きくない?
と心の中で思いつつ、彼女がうれしそうに、楽しそうに話すのを聞きます




きれいな緑色の繭を作り、2週間後くらいに羽化します



羽化してからは、羽を乾かすのだとか
メスは黄色で、オスはメスのフェロモンを感知するために触覚が広がっています




今回学んだことは、どれほどYちゃんが昆虫好きか!ということ(笑)

また是非話を聞かせてください!



 

ちょっとヤママユのお話(発表者のYちゃん視点風に書いてみました)


ヤママユが大好きな私。
去年は19匹育てたけど、さすがに多かったので今年は6匹で我慢。

その中で1匹、脚が1本ない子がいた。
その子は他の子よりも小さかった
脚がないから動くのも遅く、食べるのも遅かった。
去年はアラカシだったけど、今年は柔らかいコナラ、アベマキ、クヌギの葉をあげたこともあって、他の5匹はどんどん大きくなっていく。

でもその子は相変わらず小さいまま
最後の脱皮が終わり、あとは繭を作るだけだ。
他の子たちはどんどん繭を作っていく。
その中で、少しくすんだ色をしたその子はなかなか繭を作らない。

このまま繭を作らないのかな
死んでしまわないかな
どんどん不安になっていく

そんなある日、ふと見たらその子が繭を作り始めていた
びっくりして眺めていると、これまでの中で一番きれいな緑色をした糸を吐き出し、繭を作った。
最後に繭を作ったからいつ羽化するかと待っていると、一番に繭を破った。
きれいな黄色をしたメスで、これまで見た中で一番美しい模様をしていた。


そして……





彼女には6本の脚が全て生えそろっていた。
 

| 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
スポンサーサイト
| 16:23 | - | - | - | - |
Comment








Trackback

Profile

フリーペーパー「fg」DL






林業女子の仲間たち

林業女子会ポータルサイト

contact us

fg.kyoto@gmail.com
〒604-0931
京都市中京区寺町二条下ル榎木町98-7 京都ペレット町家ヒノコ内            ――――――――――――― 申し訳ありませんが電話での対応はしておりません。 お急ぎの場合はメールの件名に「急ぎ」などのキーワードをお入れください。

旧ブログ

旧ブログはこちらからどうぞ。

facebookで「いいね!」する

Search


Entry

Category

    

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR