スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | - |
Entry: main  << >>
        
【林業女子インタビュー】内海 真弓 さん
じゃじゃーん、林業女子インタビュー第2弾をお届けします
今回は、fg vol.3の編集長を務めた内海真弓さんです。

若手ながら、しっかりとした意見を持った姿勢には、いつも見習わねば!と思います。
ではでは、インタビューです



 内海 真弓 Mayumi Utsumi

 20歳 大学生
 林業女子歴:2年
 Twitter: @MIPPE_UTTAN

 大学で森林について勉強中。
 山仕事サークルで週末林業!

 「fg」vol.3の編集長も務めました。


――なぜ「林業」?

林業に興味を持ったきっかけは、高校の現代社会の教科書です。
「農林水産業」で、農業と水産はすごく詳しく紹介されてるのに、
林業は全く書かれていなくて。

結局、補習でちょっとやったくらいかな。
それで、「こんなに隠すなんて、林業って何か裏があるのか!?」と思いました笑
 
もともと、おじいちゃんおばあちゃんから昔の話をよく聞いてたし、
「生きる」ということにすごく意識がありました。

それで、お金が無くなっても、衣食住があれば生きていけると思って、一次産業に興味がありました。
三次産業とかは、なんとなく地に足がついていない感じがして。

中学で日本はいろいろな物が自給できていないと知って、
それって最悪の時生きていけない=怖いと感じました
 
人工林を知ったのは大学で山仕事サークルに入ってから。
実家の周りにも山があったけど、雑木って感じでモサモサしてましたね。


――自分が林業女子だと感じることは?

自覚はないです。
でも、最近国産間伐材の割りばしを使うようになったり、意識が変わったと思います。
 
林業を知って、世界の見え方が変わりました。
価値観が広がったと思います。

木の机のほうが落ち着くな、ストレスがないな、と気づいたり、
木のものが素敵だと感じるようになりました。

こういうことを一番考えてたのは、
fg vol.1のWhat is林業!?の原稿を書いていたとき。
 
林業女子になるっていうのは、一人一人の意志改革だと思います。
それから、小さなアクションが知らず知らず始まっていくのだと思います。


Reported by : Emi Yamakita 2012.3.12
| 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
スポンサーサイト
| 12:00 | - | - | - | - |
Comment








Trackback

Profile

フリーペーパー「fg」DL






林業女子の仲間たち

林業女子会ポータルサイト

contact us

fg.kyoto@gmail.com
〒604-0931
京都市中京区寺町二条下ル榎木町98-7 京都ペレット町家ヒノコ内            ――――――――――――― 申し訳ありませんが電話での対応はしておりません。 お急ぎの場合はメールの件名に「急ぎ」などのキーワードをお入れください。

旧ブログ

旧ブログはこちらからどうぞ。

facebookで「いいね!」する

Search


Entry

Category

    

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR